おうちごはんの会

おうちごはんの会で集まったみなさんとお話しました。

おうちでできる簡単なごはん作りを通し、栄養や食の安全性のこと、心の成長のこと、家族だんらんのことなどを考える会です。

子ども連れの若いお母さん、お孫さんのいる女性たちとともにいろんな話をしました。

保育や教育に関わる仕事をされていた方もいて、朝ごはんを食べて来ない子ども、まともな食事は給食のみの子どもがいることなど現場での実情もお聞きしました。

安心安全なものを食べて子どもたちが健やかに育っていくのが、親の願い。けれど、さまざまな問題から現実にはそれが難しいことも多いです。

そんな中で子どもたちの食をどのように確保し守っていくか。社会全体として何をすべきか。

「小さなグループが草の根運動のようにしてできることもあるし、市や県、国レベルでできることもあるよね」

「子ども食堂が田辺でもできたね」

「子どもの貧困と学力の相関関係は…」

などなど…、おいしいものを食べながら話題がどんどん広がりました。

和気あいあいと、でも真剣に。

みなさん自分の立場でできることを考え、熱心に活動されてるなぁ〜、と感心しました。

楽しくまたとても勉強になり、よい時間でした。

 

 

 

 

餅つきに思う

行事が重なり、一週間で2回めの餅つきです。

今日は庚申さんの餅まき準備でした。餅まきと言えば和歌山、和歌山と言えば餅まきですからねー。

蒸してついて丸めて並べて…役員と青年団の人たちとで、五斗つくのに3時間半以上。

肩も凝り、粉だらけになりました。

冷ましてから袋に入れていきます。鏡餅もきれいにできています。

田舎は行事が多いです。神事にまつわる行事、草刈り、親睦をはかるためのものなどなど…。

大変なこともありますが、楽しいことも多いもの。とくに若い人たちが楽しそうにやってくれているのは頼もしく嬉しいです。

 

地域の文化や伝統、自然を守っていくためにはみんなの協力が必要ですが、人が減り継続が難しいものも出てきます。少子高齢化が進む田舎では同じような問題を抱えているところが多いはず。

今まで続いてきたものを変えるのは勇気のいることですが、伝統を守るためには、何かを変える、省く、ということも今後は考えなければ…。「“守るために変える”んやなあ」と。つきたてのお餅入りのお味噌汁をいただきながら、そんな話もしました。

音楽の力

日曜日に白浜の来迎寺さんでフルートのコンサートがありました。

細くて急な坂道、そして雨。車椅子では厳しい道のりでしたが、「行ってよかった」

演奏してくれたのは体感型フルート奏者の波戸崎操さん。ギターは蓮見昭夫さんです。

情感たっぷりで、フルートとともに全身で“演じている”という感じがしました。

ハンガリー舞曲や哀愁のカサブランカ、月の砂漠など誰もが知っている曲ばかりを演奏してくれたせいもあり、あっという間に、独特の世界に引き込まれました。

赤とんぼ、愛の賛歌などでは、感動して涙ぐんでしまった。

人の心をこんなふうに動かせるなんて、音楽の力は本当にすごい。

忙しい日々の中で、心洗われる時間でした。

 

朗読の楽しみ

たなべる(田辺市文化交流センター)で『朗読の楽しみ』という催しがありました。

朗読グループ“さくらんぼ”さんによるものです。去年は行けませんでしたが、聴かせてもらうのは今回が2回め。

朗読を通して日本語を深く味わうことができる機会で、言葉の豊かさ、音の美しさなどを改めて感じました。

平日の昼間ですが、たくさんの人が来られていました。

自分があまり読まない分野の本でも耳で聴くと、ちょっと読んでみたいという気持ちになります。藤沢周平の小説など、「その続き、どうなるの?」ととても気になりました。

図書館でこういう催しがあるのは良いことです。朗読がきっかけで読書に興味を持つ人もいるでしょうし、図書館利用につながることもあるはずです。

たくさんの蔵書は人に読まれてこそ価値のあるもので、図書館は地域の文化的レベルを上げ、知恵を支える存在ですから。

 

それにしても3人とも本当に素敵な声。阿久悠詩集の中の「凛とした女の子におなりなさい」が、私は特に好きでした。

熊野古道の未来

「世界遺産 スペイン巡礼の道と熊野古道」の講演を聞いてきました。講師は前本宮館館長の鳥居泰治さんです。

サンティアゴ・デ・コンポステーラの道を歩いたお話を写真とともに紹介してくださいました。ユーモアたっぷりの楽しいお話です。

共通巡礼手帳にはスタンプがいっぱい。

熊野古道と両方を歩いた人は、古道の杉林の美しさ、ゴミがないことに感動をするのだそうです。

オーストラリアやスペインはもちろん、最近はタイやシンガポール、またフィンランドなど北欧から訪れる人も増えてきたとのこと。うれしいですね。

 

一方、食べるところや泊るところが少ないなどの課題もあります。

地元のおいしいものが食べられて、温泉に入れて、ゆっくり過ごせる場所を増やすこと。

また徒歩と自転車のルートがはっきりわかるような標識を作ったり、移送や荷物の搬送サービスを充実させたり、海外だけでなく国内の旅行者にもPRを強化したり…。

景観の保全とともにいろんなことを考えていけば、熊野古道はまだまだたくさんの人に来てもらえると思います。

 

石神さんにて

鳥羽市に行った時、相差(おうさつ)にある“石神さん”を訪れました。

ここは「女性の願いを1つだけ叶えてくれる」ということで有名だそうです。

どうしても行きたい!!という、友人の強い希望で、講演の後4人で行きました。

小さな神社ですが、パワースポットとして紹介されているらしく、たくさんの人が次々とやってきます。

私が気になったのは足元。神社の境内は砂利で車椅子で入れないところが多いのですが、ここは一部分このような石畳になっていて、奥まで楽に行くことができました。綺麗な多目的トイレも境内にあります。私は静かな気持ちでお参りして、お守りも買って大満足でした。

さて、

私のまち田辺市にある闘鶏神社はつい先日、世界遺産に追加登録されました。これからますます多くの人を迎えることになるでしょう。いろいろな人が来るのです。そう考えた時、車椅子でも杖やベビーカーでも歩きやすいような配慮が必要だと思います。

バリアフリー観光、ユニバーサルツーリズムという言葉も少しずつ浸透してきました。

闘鶏神社はもちろん周辺の整備にもぜひ、こういった視点を生かしてほしいと思います。

 

温かい配慮

先日訪れたギャラリーでのこと。

車を止め、入口に近づいて驚きました。「あっ、スロープを作ってくれている!!」

それほど高くはない段差でしたが、今までは誰かに手伝ってもらうことが多かったのです。

これで一人でも気軽に安全に入ることができます。

「昨日も車椅子の方が見えられてましたよ。」と主催者のおひとりが教えてくれました。

その時にオーナーさんが「こんなの、あるんやで〜」と言ってスロープを持ってきてくれたのだそうです。

いつの間に作ってくれていたのでしょうか。

私を含め何人かの車椅子の人が来るのを見て、スロープがあればいいなと思ってくれたのでしょうか。

温かい配慮に感激しました。また同時に、障害のある人がまちに出ることの大切さも感じました。

 

障害者差別解消法には合理的配慮という概念があります。合理的配慮をしないと差別になるということで、国の行政機関や地方公共団体などは義務(〜しなければならない)、民間事業者は努力義務(〜するよう努めなければならない)とされています。

法律にこの概念があるのは大きな進歩ですが、「法律があるから配慮する」のは何か違うと思います。

この人を喜ばせてあげたい、快適にしてあげたい、この人が困らないようにしてあげたい。そんな優しい思いやりの気持ちこそが大事なのです。そうしてこそ、法律は生き、そして広く受け入れられていくはずです。

温かい心遣いが胸に沁み、いろいろなことを考えた一日でした。

 

 

 

鳥羽東中学校へ

昨日は、早起きして鳥羽へ講演に出かけました。

320人の生徒さんと保護者の方、先生方の前でのお話です。早く着いたので、講演前に少しだけ授業も見せてもらいました。

すれ違うと元気にあいさつをしてくれる可愛い子どもたちです。

鳥羽市のほぼ半分が校区だというこの学校では、スクールバスのほか離島からの船通学の子どもたちがいるそうです。

私の高校時代も船通学の人がいたなあと、懐かしくなりました。

複雑で生きにくい世の中かも知れないけれど、子どもたちには明るいものに目を向けていて欲しい。

困難に出会った時は、ひととき立ち止まってもゆっくりでもいいから次の歩みを勇気を持って進めて欲しい。

出会いを大切にして欲しい。

そんな思いを込め『未来を生きるあなたへ』というタイトルでお話しました。

とても落ち着いた態度で、しっかり最後まで聞いてくれた生徒さんたち、温かく迎えてくれた先生や保護者の方たち、ありがとうございました。

おとなが笑えば子どもも笑う

白浜第一小学校での教育講演会。出来立ての真新しい校舎で、保護者の方たちに向けたお話をさせていただきました。

子育て真っ最中のお父さん、お母さんたちが熱心に聞いてくれました。

小学生の子ども相手の毎日は、たくさんのエネルギーと時間を費やし、へとへとになることも多いはず。

そんなつもりじゃないのに子どもに怒りすぎてしまったり、そのことで自己嫌悪に陥ったり。

でも同時に笑ったり泣いたり、感動が大きいのもこの時期です。

通り過ぎてしまった時間を振り返りながら、今だからできること、大切にして欲しいことなどを話しました。

 

つい先日「身近な大人モデルとして素敵な姿を子どもたちに見せてやって欲しい」と、私自身に言われた言葉を頭に置きながら、思いを伝えました。『おとなが笑えば子どもも笑う』という講演のタイトルにも、そんな気持ちを込めています。

子育てに関してはちょっとだけ先輩…ということで、おこがましくアドバイス的なお話もしましたが、要は「自分も今をしっかり楽しんで、それを子どもに見てもらおう。くり返される当たり前の毎日を大事にしよう」ということです。

聞いてくれた方たちの心に響くことが、一つでもあればいいな〜と思います。

 

 

 

 

いこいの場

高齢者の方たちが集う「まちかどカフェ」のようなもののひとつ、芳養イキイキクラブにお邪魔しました。

朝は30人ほどで花植えをしたそうで、私が行った午後は少人数で折り紙をしていました。

くす玉を作るため一つ一つのパーツを丁寧に折っています。私もやらせてもらいましたが、最後の一折りが難しく、手伝ってもらってやっと完成。

ここでは折り紙のほかにもお手玉や、刺し子など、手を動かすことをたくさん取り入れたり、防災や健康について学んだり、音楽会を開催したり、廃品回収をしたりと盛りだくさんの内容で運営しています。

次回は体操教室だとか。その次には防災のお話と簡易トイレの作り方、避難経路の確認などをするそうで、「終わってからおにぎり作って食べようよ」と楽しそうに計画を話されていました。

継続的に参加してもらえるよう、興味を引く企画内容を工夫されているようです。

友人や隣人を誘って人が集まり、お茶を飲んだり話をしたり。歩いて来られる所にいこいの場があるのはとてもいいこと。地域力を高める取り組みでもあり、いざという時、共助の力を発揮すると思います。

 

ここでも女性パワーが感じられましたが、「おもしろそうやし行きたいけど、男の人おらんからなぁ」と躊躇する男性の声にも応えられるよう、今後は男性にも参加してもらいやすい企画を考えたいとおっしゃってました。

 

 

折り紙の途中でなぜかカラオケが始まり、歌って歌ってと言われるままに、私もマイクを握り一曲歌わせてもらって帰りました。

テレサテンの『つぐない』は、真昼間の住宅地にあまり似合ってなかったなぁ。