石神さんにて

鳥羽市に行った時、相差(おうさつ)にある“石神さん”を訪れました。

ここは「女性の願いを1つだけ叶えてくれる」ということで有名だそうです。

どうしても行きたい!!という、友人の強い希望で、講演の後4人で行きました。

小さな神社ですが、パワースポットとして紹介されているらしく、たくさんの人が次々とやってきます。

私が気になったのは足元。神社の境内は砂利で車椅子で入れないところが多いのですが、ここは一部分このような石畳になっていて、奥まで楽に行くことができました。綺麗な多目的トイレも境内にあります。私は静かな気持ちでお参りして、お守りも買って大満足でした。

さて、

私のまち田辺市にある闘鶏神社はつい先日、世界遺産に追加登録されました。これからますます多くの人を迎えることになるでしょう。いろいろな人が来るのです。そう考えた時、車椅子でも杖やベビーカーでも歩きやすいような配慮が必要だと思います。

バリアフリー観光、ユニバーサルツーリズムという言葉も少しずつ浸透してきました。

闘鶏神社はもちろん周辺の整備にもぜひ、こういった視点を生かしてほしいと思います。

 

京都水族館

今年の日帰りバス旅行は京都水族館でした。
エイ
ここには川の生き物がたくさんいて、ほかとは少し変わった趣です。
タガメやゲンゴロウ、イモリなど、私はすごく好きなのでとても楽しめました。イモリ

山椒魚はここのシンボルみたいな存在ですが、どうも狭いところで
くっつきあってるのが好きなようです。
山椒魚

こちらはニモ。
クマノミ

そしてとくに大好き、美しいクラゲたち。
クラゲ

地元女性会14名で行きましたが、今度は子どもたちを連れてきてやりたいなあと
思いました。

ワンダーランド2011

土曜日、ドリカムワンダーランド2011に行ってきました。
ワンダーランド2 ワンダーランド1 
今回は会場に着いただけで、じわっと感動が込み上げてきて、
グッズを買いに行こうとしたらすでに涙がじわっ…の状態。
一緒にいた友だちは「泣くの早いっ。タオル買わなあかんやん」と笑ってました。

地元の中学生、高校生のブラスバンドが共演してたり、吉田美和がブーンと
飛んで来たり、自転車で走ったり、と楽しい演出がいっぱいだったし、
ダンスもカッコよかった。
何よりも歌声が素晴らしく、感動の3時間半でした。
一緒に歌って、手を振って、すごく楽しかった。そして、今までで一番
たくさん泣いてしまった。(歳のせいかな)
ほんとに元気をいっぱいもらいました。また行きたいなぁ。

フェルメール展

京都市美術館 へフェルメールを見に行ってきました。
 フェルメール1
京都での開催は16日まで。ぎりぎりなので混雑を予想していましたが、
朝早く着いたのと、お天気がよくなかったせいか待ち時間は無し。
すっと入れてラッキーでした。

17世紀に活躍したオランダの画家フェルメール。なんと言っても有名なのは
『手紙を読む青衣の女』ですよね。
  フェルメール2
フェルメールブルーと呼ばれるラピスラズリの青を見たかった。
間近で見るとこの瑠璃色はきらきらと光っていました。

同時代のオランダの画家の作品も見ごたえがありました。
全体に背景は暗くて、人物の服の赤や黄色、金色などがぱっと引き立つ感じでした。
とにかく質感が素晴らしい。
上着の赤、金色のサテンのスカートの光沢や滑らかさとか、
窓から差し込む日の光が当たった老人のふさふさした髭など、
「ほんとにこれは絵なのかな」と触りたくなるほどでした。

ゆっくりと見られて本当によかったです。


夏の慰労会2011

女性会で毎年恒例の夏の慰労会、今回は白浜のバーリィにしました。
冷製パスタ

お掃除や踊りや、たくさんの行事が夏にはあり、子どもの夏休みも終わり、ほっと一息の
この時期、みんなお食事会を楽しみにしています。
スープ エビ

お肉 デザート 
3000円のコース、とっても食べごたえがあり美味しいです。
いろんなものを少しずつ…。
前菜
ビールも進みます。
で・も・…、今回私は運転の係りだったので、ビールはお預けでした。
次回の楽しみにとっておきたいと思います。

みなさんお疲れさまでした。また仕事がんばろうね。

大阪へ

お盆休みのいちにち、昨日は少し早起きして日帰りで大阪に出かけました。
高速道路の渋滞もなく、スイスイ気持ちよく走り、まずは新しくなった大阪駅を見学。
  大阪駅1 
南側と北側のビルをつなぐ大屋根がきれいで、なんとなくヨーロッパの駅のような
雰囲気が漂っています。(行ったことないけどね)
大阪駅2
この噴水、上から水がジャッと流れてきて、数字が現れる時計なのです。
9:20のような数字、OSAKAのような文字、花や色々な模様が現れて
美しいのですが、残念ながら写真には撮れませんでした。
シャッターを押すタイミングが難しい。ただの滝の流れにしか写せません。

このあと天王寺のQ's MALLに移動。

子どもたちをときどき都会の空気に触れさせるのは、もちろん楽しむのが一番の目的
ですが、食事をしたりお茶を飲んだりといった公共の場でのマナーを知っておいて欲
しいということ、そして、大勢の人の中でも気後れしないようになって欲しいという
気持ちもあります。

さっそくモールでカードを作った娘は、お友だちへのプレゼントを選んだり、
自分のネックレスを選んだりしながらポイントが貯まるのを楽しみにしてました。

でも…
やっぱり人混みは疲れます。こんな感じのお出かけは“時々”がいいですね。

稲むらの火

7月の終わり、子どもクラブのバス遠足で稲むらの火の館 と津波防災教育センターに
行ってきました。
防災センター1 防災センター2
安政地震津波の襲来時、稲むら(稲の束を積み重ねたもの)に火を放ち、この火を
目印に村人を高台へと誘導し、多くの人の命を救った濱口梧陵(はまぐちごりょう)。
実話をもとにした『稲むらの火』は子どもたちの教科書にも載っていて御馴染みのものです。
その記念館(木造家屋)を見学しました。

梧陵の功績の偉大さは実は震災のあと。
このままでは村から人がいなくなると、私財を投げ打って、堤防の建設に取り組み、
その工事に村人を雇ったのです。つまり雇用を産み出し、さらに次の津波から
村を守るための立派な堤防も完成し、村は復興しました。
梧陵の成し遂げたことは、今まさに見直されるべき時でしょうね。
防災センター3
隣接した防災センターでは、3D津波映像シアターや津波の速さや高さを体感できる
防災体験教室や展示室があり、楽しみながら勉強できます。

見学中にゴゴゴーッと音がして、「ん? 3Dの部屋の振動かな?」と思っていたら
なんと本当の地震が起きたのでした。震度2でしたが、みんなびっくり!
リアルの体験も重なり、とっても勉強になった見学でした。
(ほんとはもっとゆっくり見たかったぐらい)

その後は遊園地に移動。子どもたちも乗り物などでいっぱい楽しんで、
充実した遠足になりました。



母の日

今日は母の日。
カーネーションの切花体験ができるという印南町の西山農園に行ってきました。
ビニールハウス ビニールハウス内
のどかな風景が広がり、心もゆったり。
おたまじゃくしもいっぱいいます。
が、ビニールハウスの中を見ると、あまりお花が咲いていません。
昨日のうちにたくさんのお客さんが来て、咲いているのはかなり切り尽くされた
とのこと。
貸し出されたハサミを手に、熱気ムンムンのビニールハウスの中で、
咲いている花を求めて汗だくになりました。
と言っても、私は車椅子で中に入れないので、その様子を見てただけですが…。
がんばったのは、妹たち家族と母とうちの子どもたちです。
カーネーション
こちらが収穫の成果です。
カーネーション2
本数を数え、お金を払うのですが、20本で500円という安さ。
それを越えると1本あたり30円が追加されるというふうになってます。
豪華ではないけれど、新鮮なお花をたくさん持って帰れるのは
うれしいですよね。

「暑いー」と言いながらも、楽しい体験ができました。

アドベンチャーワールド2011

今年もアドベンチャーワールドへ。
ミルクタイム
開園前、パンダの赤ちゃんのミルクタイムを見学しました。
赤ちゃんと言ってもすでに体重は16、7kgあります。
哺乳瓶を上手に持って飲むこの姿がなんともかわいいです。

リニューアルオープンした『鳥の楽園』コーナーもきれいでした。
フラミンゴ

予約をしていたので、オニオオハシと記念撮影したり、
オニオオハシ

リクガメに触らせてもらい、エサをやったり、といろいろなことができました。リクガメ

娘がクラブの試合で行かれなくなったので、いただいたチケットを無駄に
しないよう、急遽ご近所さんに声をかけました。
男の子たち4人はとーってもパワフルに動き回り、ママさんたちは
少々お疲れ気味でしたが、とても楽しかった。

「おばちゃん、ぼく今日は大満足や」と、ある子が言ってくれたので
私もうれしくなりました。

みんな“作文”の宿題を残してたけど、きっといいのが書けたでしょうね。

 

古座川サイクリング

夫が誘ってくれ、昨日は家族でサイクリングに行ってきました。
自転車3台とハンドサイクル、車椅子を積んで車はぎゅうぎゅうですー。
サイクリング4.7
行き先は春の古座川。散り始めたものもありましたが、川沿いの桜がとても
きれい。

川岸の桜
上流から下流へ、河口近くまで行ってユーターンして、と全部で
20km以上(もっとかな?)は走ったと思います。
「おかあさん、結構速いなぁ」と息子もびっくりするぐらい、ハンドサイクルは
びゅんびゅんとスピードが出るのです。
景色を見ながら、風を全身に浴び、いい汗かいて気持ちよかったです。
ちょっと休憩
休憩してお茶を飲んだり、アイスクリームを食べたり、久しぶりの友人を訪ねたり。
なんというか…、すごく解放された感じでした。
無理やりに時間をを作ってくれた夫に感謝します。
春休みもそろそろおしまい。いい一日になりました。