スープ、スープ、スープ

ある日、なんだったか理由は忘れましたが、私は息子に腹を立てて、外出しました。
ひとりで勝手にすれば…みたいな言葉を残して。
で、夕方家に戻ると、息子は私の言葉どおりに“ひとりで勝手に”、
ジャガイモや白菜、にんじん、ベーコンなどを使ってスープを作って食べてたのです。
お鍋を覗くと異様に茶色い。カレールウ、ブラックペッパー、フランス七味まで
入れてました。かなりスパイシーでしたが、悪くはない。
それで、自分で作れる!!結構おいしい!!と目覚めてしまったのです。
コンソメスープ
それ以降、夕方スープを作るのが楽しくなったみたい。
固形のコンソメを使い、冷蔵庫にあるものを適当に入れるお手軽なものですが、
お料理に興味を持つのはよいことです。
中華スープ
この中華風のスープも「チューブのしょうがを入れてみたら」とアドバイス
すると、なかなかいい感じに仕上がりました。
「食べて食べて」「おいしいやろっ」と息子はやる気満々。
これからもいろんな味のバリエーションに挑戦するらしいです。

娘やおばあちゃんは「えーっ、またぁ?」と食傷気味ですが、息子はそんなの
おかまいなし。
しばらくはスープの日々が続きそうです。

スポンサーサイト

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL