スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

キツツキちゃん

「何の音かと思ったら…」と、夫。
夫のお店の入り口付近の木から聞こえる音の主はキツツキちゃんでした。
キツツキ1
とてもきれいな丸い穴ができています。

よく見ていると、実は2羽いて、交代でコンコンやっているそう。
雄と雌かな。
キツツキ2

昔はキツツキという名の鳥がいるのだと思っていました。
そうではなく、キツツキ目、キツツキ科の鳥の総称だったのですね。
これはコゲラという鳥です。

すぽっと穴に入った姿もかわいいですね。
 

12歳の誕生日

息子、12歳になりました。
お誕生日を祝って、みんなでごちそう。お寿司とケーキを食べました。
誕生日2
そろそろ記念写真も恥ずかしい年頃か…
「顔、写さんといてよー」と、言われてしまいました。
ちょっと寂しいけれど、当然の反応かも。成長の証ですよね。

いつも年の数だけ立てていたローソクも、今年からは10年分の太いのが1本と、細いのが2本。
そうしないと穴だらけになってしまいますから。

この夏休みはいつになくお勉強もがんばりました。
いろんな意味で「大きくなったなあ」と実感する誕生日でした。

お誕生日おめでとう。

冷やしうどん作り

ごぶさたしてしまいました。
いろいろと予定があり、どんどんと日々が過ぎてしまった感じです。
さて、このあいだ、のびのび教室で冷やしうどん作りをやりました。
冷やしうどん1
暑い中、みんなで粉をこねこねまぜていきます。

冷やしうどん2
麺切りはこれにまかせます。丸洗いできる新しい麺マシンを買ってしまいました。

冷やしうどん3
冷たくて、つるつるっ。美味しかったー。

冷やしうどん4
最後にみんなでスイカをいただき、おなかいっぱい。

それにしても高学年の子どもたちはすでにうどん作りを体験しているので、
手際も良く、ずいぶん上手になりました。どんどん職人の手つきになっていきます。(笑)

汗をかきながら…でしたが、楽しい一日でした。 

フラッグフットボール

のびのび教室2回め。
今月はフラッグフットボールというスポーツを講師の先生に教えていただきました。
先生といっても学校に通うYちゃんのおとうさん。
だからみんな御馴染みです。
いろいろなスポーツの指導をされているので、お願いして来てもらったのです。
フラッグフットボール 
アメリカンフットボールをもとにしてできたスポーツらしいですが、
タックルの代わりに腰につけてフラッグを取るのです。
だから子どもたちでも安全にできます。

今日はあいにくの雨。始まったときにはあがってましたが、運動場は
濡れたままだったので、講堂でやりました。
そのためボールは投げられませんでしたが、ボールの受け渡しの練習をしたり、
フラッグを取り合いしたり、いろいろな運動をして汗びっしょり。

低学年の子たちもなかなか俊敏な動きを見せてくれました。
見ていても楽しかった。
今度はぜひ外で試合をしたいです。

クジャクサボテン

このあいだ情熱的な濃いオレンジのサボテンのことを書きました。
そのきっかけとなったクジャクサボテン。
FB友だちの写真を見て「わあ、きれい。珍しい」などと言っていたのに…
なんとうちの庭にもあったのです。
クジャクサボテン
こんなにもきれいな大輪の花を咲かせてくれました。

ぼんやりとただ眺めてて気づかないことってたくさんあるのですね。
クジャクサボテンは一日でしおれてしまいました。
ちゃんと気づけて、しっかり見られてよかったです。 

情熱のサボテン

フェイスブックでお友だちの写真家Sさんがクジャクサボテンの花の写真を
載せてました。
くっきりとしたピンクの美しい花でした。
91歳のおかあさまが大切に育てられているとのこと。
素敵な話だなぁと思いました。

それで、何気なくうちの庭の石垣を見てみると、「あ、咲いてる咲いてる」
サボテンの花
名前は知りませんが、いつも地味ーに存在してるサボテンです。
当たり前のようにそこにあるサボテンが、こんな鮮やかな花を咲かせるんですね。

灰色の石垣に情熱の赤(濃いオレンジ?)が映えます。
Sさんのところのように全然丹精も込めずにいるのに、
こんなにもきれいな花を咲かせてくれて…
「ありがとう」という気分になりました。
これからは、短い開花をしっかりと愛でてあげよう! 

紙芝居

今年ののびのぴ教室がスタートしました。
小学校も人数が減り、当然保護者数も減ってきて、運営も大変です。
でもなんとか続けたい。
回数は減りますが、今年もがんばっていろいろと楽しいことやっていきたいと思います。
紙芝居
第一回目は紙芝居と絵本でした。
『まえがみたろう』は前編、後編に分かれた長い冒険物語。
初めて参加してくれた1年生たちも食い入るように見てくれました。

かがく紙芝居『かえる』では、子どもたちにいろいろ問いかけをしたり、
エリック・カールの仕掛け絵本を読んだり、クイズで気分転換したり、
当番は私ひとりだったのですが、1時間があっという間に過ぎ、
とても楽しかったです。
義務感でなく、おとなも子どもと一緒に楽しむことをモットーに
やっていこうと思ってます。

もみじの種

あまり見慣れないかも知れませんが、今、庭のもみじに種がついています。
もみじの種
ぐんと緑が濃くなり、生命力あふれる葉のあいだに小さくてかわいい赤がちらり。
プロペラ、羽?
ぶーんと力強く飛んでいきそうな形ですね。

このもみじは娘が生まれたときに市役所で記念樹としてもらったものです。
もみじと、娘の成長と重ね合わせながら見続けてもう14年以上。
幸せな日々だったなぁと、改めて思います。
そしてこれからもまだまだ健やかな成長を見ていたい、と願っています。
 

金環日食

心配していましたが、無事に太陽のリングを見ることができました。
観察用のグラスを用意して、天気予報を何度も見て、わくわくしながらこのときを待ちました。
金環日食2
日本中でどれぐらいの人が空を見上げているんだろう…と思うと感慨深いです。
たくさんの瞳が、今この瞬間、この一点に集中している。
それぞれの場所で歓声をあげたり、拍手したり、涙したりしている。
感動を共有できるって素晴らしいことですね。

金環日食1
雲が多かったので太陽が隠されることもありました。
でもリングの下のほうに虹色の光、右下には飛行機雲が伸び、それもまた
美しい表情。

見ることができて本当に幸せでした。

みかん畑の様子

汗ばむことも多くなってきた今日この頃、草も木も花もまわりの景色も、
すべてが春から初夏にむけて移ろい始めました。
つぼみ
みかん畑に目をやると、緑の葉っぱのあいだに小さな白いつぼみが
見え、日に日にふくらんでいくのがわかります。

アゲハ
葉っぱにしっかりつかまったアゲハチョウも見つけました。
これはきっと今朝、羽化したばかりでしょうね。
他にもひらひらとたくさん飛んでいます。

生き物たちの息づかいが感じられるみかん畑。
いい季節になったなぁと思いながら眺めています。