トークショー&サイン会

岡山、丸善書店さんでのトークショー&サイン会、無事に終わりました。
通りがかりにのぞいて話を聞いてくださった方や、本をささっと買って
行ってくれた方、ご夫婦、ご家族でお洒落をしてわざわざ来てくださった方…
本当にありがとうございました。
 サイン会1  サイン会3
準備をしてくださった岡山理科大学の西村先生、丸善書店さま、
素敵な花束をくださった附属中学の先生方、スタイリングをしてくれた
友人のMちゃん、みゆきちゃん、みんなに感謝です。

トークショー  サイン会2 
おひとりおひとりに言葉を添え、サインをし、言葉を交わしました。
書くのが遅くてゴメンなさい。
並んで待ってくださってありがとうございます。 
心がほこっと温かくなりました。
新しい出会いもあり、親しい人との再会もあり、ぎゅぎゅっと濃縮された楽しい時間でした。

夜はホテルに戻りゆーっくりビールです。
ホテル1 ホテル2
やはり、ぷはーっ…と言ってしまいます。
おいしい! 幸せ!
4月からの講義もはりきってやりますよぉ!

トークショーのお知らせ

今日はなんとも春らしい明るさですねー。
桜満開
春休みに入って子どもたちはのんびり…ですが、転任される先生との
お別れ会や学校統廃合についての懇談会など、いろいろと
忙しい月末です。

ひとつお知らせ。
明日土曜日午後2時から 丸善書店 岡山シンフォニービル店 
で新刊『チェアウォーカーという生き方』出版記念トークショーを
させていただきます。
たくさん来てくれるとうれしいなあ…。
ワクワクです。

大学の授業も4月スタート。またしばらく岡山へ通う日が続きます。
今年もいい出会いがありますように。

涙じわりの帰り道

日曜日、駅伝のあった日の午後は広川町の津木小学校で講演でした。
山あいの小さな学校。近くにはホタルのいる川も流れている、のどかな
ところです。
 津木小学校
授業参観のあと、4年生以上の子どもたちと保護者の方々が話を
聞いてくれました。
 
講演終了後、校長室でしばらくおしゃべりをしての帰り道。
車を走らせて数分後、前方からこちらに向かって
くる少年の姿が目に入りました。元気にぐいぐいと進む白い犬を
散歩させながら歩いている少年です。

車が近づくと少年は笑いながら大きく手をふってくれました。
「さっきの講演を聞いててくれた子だな」
とすぐわかりました。

山や川に囲まれた田舎道の夕方の風景。

その子は、まるでずっと前からの友だちにするみたいに
ありったけの親しみと好意を込めた笑顔を私にくれました。
片手は白犬に引っ張られながら、バランスをとってもう片方の手を
うーんと高く上げ、大きく大きく、何度も手をふってくれたのです。

余分な混じり物のない笑顔、まっすぐな心が私に“どん”と
届いて、涙がにじんできました。

しばらく走ってようやく現れた信号は赤。
じわり、じわりとあふれてきた涙を、やっとそこで拭いて、国道から高速道路
へと車を進めました。
ほんの数秒のできごとが、私の心を温かなもので満たしてくれました。

日曜日、もうひとつの涙じわりのお話でした。



 

和歌山市PTA研修会

午後から和歌山市PTA研修会の講演会でした。
和歌山市PTA 
分科会、全体会と続く1時から4時過ぎまでの長時間の研修会です。
参加された方、準備をされた方、お疲れさまでした。

私は講師でもあるけれど、話を聞いてくださる方々と同じ小学生の子どもの
親でもあり、同じ立場、同じ目線で共感してもらえるような
内容にしました。

子育てに関する情報はたくさんあるけれど、「こうしなければ」という
絶対のマニュアルなんてないのです。
力を抜いて自分流に、できるだけ機嫌のいい母でいることを心がけ
ましょう。そして、大切な子育ての時間をともに楽しみましょう。

簡単に言うとそんなところです。

もちろん自分自身に向けたメッセージでもありますから、
家に帰るとご機嫌な顔で「ただいまー」って言いましたよ。 

チャリティミュージックソン

 25日に「第24回和歌山放送ラジオチャリティミュージックソン」24時間の特別番組にゲストとして出演させていただきました。
番組のフィナーレにあたる3時間、私の本の紹介を中心にいろんな話をしました。
ご一緒したのはアナウンサーの赤井由賀里さんと、和歌山を中心に活躍するバンド、ウインズの平阪さんのお二人。
 チャリティミュージックソン
この番組は日本放送をはじめ、全国10箇所のラジオ局を結び、全国的に募金活動を行うもので、
24、25日の両日で4500万円を超える募金が集まったとのこと(25日の朝11時現在)。
わが和歌山でも330万円以上が集まりました。
このお金は音の出る信号機の設置や福祉施設への教育機器の贈呈などに使われます。

多くの人の温かい気持ちが積み重なっていくチャリティ。
そんな番組に参加させてもらえて、しかも楽しい雰囲気の中でお話ができ、とても
うれしかったです。

翌日からは息子に引き続き、娘、私と順に新型インフルエンザにかかり、ぐったりでしたが、
薬のおかげで、熱も下がり、だいぶ楽になりました。
年末はなんとか穏やかに過ごせそうです。

温かな会場

先日、海南市での人権講演会に行ってきました。
夜7時半から、ということで「暗いし場所もわかりにくいのでは」と主催者の方たちは
とても心配してくれていました。
近くを通ったことがあるので大丈夫!とお伝えしましたが、
ものすごく詳しい地図を送ってくれたり、事前に何度も電話をくれたり、
そして当日は、寒くて暗い中、一般道から脇道に入る場所で
『松上さま』と書かれた白い紙を持って立ってくれる人がいたのです。
私は約束の時間より15分ほど早めに会場に向かったのですが…、
どれくらい待っててくれたのでしょう。
  人権講演会
そんな温かい雰囲気に包まれての講演会。
みなさん熱心に聞いてくださり、本も買ってくださいました。
「サインを」とも言われました。
1時間半の講演、家に着くともう10時半でしたが、疲れはあっても充実した一日でした。
集まってくださったみなさん、ありがとうございました。

大坊小学校へ

昨日、大坊(おおぼう)小学校へ行きました。
自分の子どもたちのいる学校での講演はやりにくいものです。
しかも娘のいる5、6年生のクラス。
講演というよりはゲストティーチャーとして、車椅子での暮らしについて
話をするというカタチでしたが、でも…

車椅子での暮らし…
「あんたたち、みんな知ってるやん。話すことないで」
と、思いました。

そうです。
私は一保護者であり、近所のおばちゃんですから、改めて何を話そう??と考えました。
みんな家へも遊びに来てるし、バリアのない家についてわざわざ写真を見せながら
話すこともないわけです。
ということで、あまり知らないような公共の交通機関を利用するときの話や
ホテルでの話などをして、あとは車椅子体験をしました。
 12.8.1 12.8.2
見慣れてはいるけれど、乗るのは初めてですからゆっくり注意しながら、段差や溝、
坂道なども交代で体験してみました。

あとはハンドサイクル体験!!
 ハンドサイクル体験
校長先生、興味津々で楽しそう。
「どうも走り足りんなあ」と言ってましたもん。
運動場でやればよかったですねー。

結局…
車椅子の人も目の見えない人も身近にいれば、“わざわざ”でなく“自然”に
共生していくことやバリアフリーなどについて学べるんだと思います。
子どもたちは柔軟な心を持っていますからね。

紀見小学校へ

橋本市の紀見小学校に行ってきました。
講演の前には4年生の子どもたちの音楽発表を見せてもらい、
よく練習できているなあと感心しました。
子どもの歌声、大好きです。
  音楽発表
講演を聞いてくれるのは4、5、6年生の子どもたちと保護者の方たち。

このあいだから忙しくて、毎晩寝るのが1時とか1時半とかの日が続いていて、
今朝、往復5時間運転していくのはしんどいかなーと少し弱気になって
いたのですが…
不思議なことに講演先で子どもたちの笑顔を見るとすごく元気になるのです。

にっこり笑ってくれる子、手を振ってくれる子、握手やサイン(!!)まで
求めてくれる子、車まで荷物を運んでくれる子…

子どもたちのきれいな瞳を見ると本当に幸せな気持になり、帰りの車の中
では疲れていたことなんかすっかり忘れてしまってます。
ずーっとご機嫌で、歌をうたいながら帰りました。
「あんた、まだ余力あるやん」と自分に向けてつぶやいたりして…。
歳をとると独りごとが多くなると言いますが、ほんとかも。ヤバイです。

結局私はこうやって子どもたち(大人の人たちも)に出会うことが好きなんだなあ
と思います。

おみやげまでいただきました。
 柿の葉寿司  お花
柿の葉寿司(柿の葉で包んだお魚のおすし。これは鯖でした)は、
こちらの名産ですね。私、好きなんです。
それからきれいなお花。

みなさん、本当にありがとうございました。

朝来小学校へ

 となり町の朝来(あっそ)小学校にて講演でした。
6年生の子どもたちの福祉学習ということで、45分の授業時間内
だったので、やや短くはあったのですが、
早口でがんばって、伝えたいことを詰め込みました。(笑)

やはり6年生。
きちんと集中して話が聞けるなーと感心しました。
緊張もしてたのかな。
質問タイムの頃にはだいぶリラックスしてくれたようで、
終わったあとは、ピース、ピース、ピースの笑顔で記念撮影をしてくれました。

 朝来小学校

その元気さと若さに私もすっかり溶け込んでしまいました。
小学生の中に混じってもわからないほど…
って、そんなことはないですよ、ねえー。(笑)
失礼しました。

狭山池博物館

 依頼を受けた大阪狭山市での夏季研修会の会場は狭山池博物館というところでした。
外観はお城というか要塞みたいな感じです。
 ちょっと変わってるなーと思いながら中に入ったのですが、安藤忠雄さんのデザインということでした。
 斬新で素晴らしいですが、石畳も、長ーい長ーいスロープも車椅子で歩くには厳しいものでした。
 水庭
 水庭がきれいです。両端は水のカーテン。


 狭山池は日本最古のダム式ため池なのだそうです。知らなかったー。飛鳥、奈良の時代です。
 昔の人たちの土木技術ってすごい!!と思わせられる土木遺産が展示されています。
 「治水」「かんがい」の歴史がよくわかりますよ。

 かんがい模型
 こちら17世紀、狭山池からのかんがい範囲を示した模型。青色LEDを使っていてわかりやすい。

 早めに会場についたので、いろいろ見てまわることができ、勉強になりました。

 講演も長時間なのにみなさん熱心に聞いてくださったので、うれしかったです。
お世話をしてくれた私の友人、そのまたお友だち、関係の先生方に感謝します。