スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

五色鹿

 鹿たち
   愛らしい五色鹿
 
 お友だちからもらった奈良のおみやげ。土でできた五色の鹿たちです。色鮮やかでキョトンとした表情がとてもかわいらしい。万葉の昔から歌に詠まれた鹿たちが今も奈良の町、春日山に暮らす風景はいいものです。
 この郷土の玩具五色の鹿、体は土で足と耳は竹でできています。いつか自然に還るもの。「この五色鹿は、姿、形、色、材料、箱の型式等、蒐集されていた古い五色鹿を手本にして、一つ一つ捻っているものです」と書かれてます。たくさん数はできない、手のぬくもりのあるおみやげ。うちの玄関にそっと飾りましょうか。
 いや、子どもたちに壊されないようにどこかに隠して飾ったほうがいいかも。

小箱
   箱はこんな感じ

   箱の中の鹿
   フタを開けるとお行儀よく並んでる

古座川カヌーツーリング

穏やかな流れでニッコリ
 週末に和歌山の誇る清流、古座川に行ってきました。アウトドアフェスティバルの一環で、今回は大勢の参加者あり。前夜祭として行われた野田知佑さんのハモニカライブ、よかったなー。一枚岩の前でかがり火をたき、キャンドル灯篭の明かりが揺れ、星も最高にきれいでした。川で出会う人って、なぜあんなにも感じのいい人が多いのだろう。会ったばかりの人は古くからの友だちみたいだし、久しぶりに会う仲間とまるで昨日の続きのように話ができ…。
 翌日の川下り、気持ちよかったです。明神橋の瀬では「キャー」と思わず声が。もうちょっとで“沈”するところだったなー。でも飛び込んでもいいくらいの水温と綺麗さなので、別に平気なんだけど。子どもたちはガンガン泳いでました。
 たっぷり遊んで大満足の一日。でも、家に帰ると現実は、すごーい量の洗濯物。いっぱい遊んだサンダルも陽射しの中で一休みしています。また行くぞー。
遊んだあとは…